食事の見直しで敏感肌を根本から改善させる方法

普段の会話の中で、女性が「敏感肌だから殆どの化粧品が合わない」という会話をしていることがあります。
敏感肌と一言で言っても、どのような症状がでているのか知ってしますか?というより、敏感肌とはどのような状態を言うのでしょう。
まず、敏感肌は肌のバリア機能が壊れています。
ですかが外的刺激から弱く、すぐに刺激となって伝わってくるのです。
一般的には洗顔後にヒリヒリしたり、肌のカサつき、赤み、一年を通して夏場も肌が乾燥しているなど色々な症状を敏感肌と言われています。
また生活の中でも、生理前になると敏感肌になったり、ぶつぶつができたりするのも敏感肌の中の1つです。

敏感肌は特別な肌ではありますが、他の肌質に対して、最も刺激に弱い肌だということが出来るでしょう。
そのための対策として、専用の化粧水やクリームが販売されています。

敏感肌の原因は様々です。
化粧品で肌荒れしやすい人が敏感肌であると思っている人も多いようですが、髪の毛がささったり、ホコリでも肌荒れを起こすことがあるのが敏感肌という状態です。

原因は、肌のバリア機能が正常化していないという点があげられます。
つまり肌のターンオーバーが繰り返されず、乱れた状態になっているのです。
健康な肌の場合は角質層がしっかり外的刺激から角質層で守られています。
しかし敏感肌は角質層が薄く敏感になっており、刺激に耐えられるような強さを持っていないのです。
角質層に間が開いてしまい、刺激を感じやすくなっていると言えます。

食事とは、と考える際、皆さんなら何をイメージしますか?やはり健康的な和食でしょうか、それとも豪勢な洋風のディナーでしょうか。
それとも家カレーやシチュー、コロッケなど、母の手作りメニューを感じたりしますか?食事は目でも舌でも楽しむことができるもので、人間にとって必ず必要なものです。
食事から栄養素を補って生きていますから、食事は人間とは切り離せない関係にあります。
しかしその食事も間違った方法をとっていると、色々体に害が出てくるのです。

まず、欧米スタイルばかりとっている人はあまりお肌のためにもよくありません。
脂質が多い食事は、血液がドロドロになる可能性がありますし、肥満の原因にもなります。
皮脂分泌が過剰になり、敏感肌にもオイリー肌、どちらにも傾いてしまいます。
また炭水化物、米やパンばかり食べていると栄養バランス崩れ、肌のターンオーバーに必要な栄養が不足する可能性があります。

肉や米でお腹を膨らませるのではなく、ビタミンやミネラルを多く含む食品を食事として食べていきましょう。
ビタミンが多いのは野菜や果物ですから、これらを積極的に摂っていくと良いですが、水溶性ビタミンの場合、ゆでるとビタミンが逃げてしまいますので、生野菜がオススメです。

また一方では加熱して食べることがオススメな野菜類もあります。
芋類などはそうですし、パセリ、ブロッコリーなどもカレーやシチューに入れましょう。
ピーマンも炒め物などにして温かくして食べることによって栄養をより吸収しやすくしてくれます。

敏感肌の人の食事には気を使ったほうが良いでしょう。
食べたものが体を作るように、敏感肌も食べる食材によってマシになったり、改善することがあるんですよ。
まずなんといっても野菜をたっぷり食べることです。
偏食をなくすようにして、緑黄色野菜など、色の濃い野菜を積極的に食べるようにします。
例をあげるとかぼちゃの煮物などは一年通して食べても美味しいものですし、ほうれん草もビタミンが豊富です。
またアボカドを1日1個食べるだけでもオレイン酸やビタミン、食物繊維やコエンザイムQ10を摂取できます。
肌荒れに効果的な食べ物ですから、アボカドを1日1個食べる習慣をつけておくと美肌に近づくことができます。
また鮭も肌によい食べ物として知られています。
魚嫌いな人でも、鮭なら食べられるという人もいますし、ホテルでの朝食に塩鮭がついていることはよくありますよね。
あれは知らずのうちにバランスの良い食事ができるようになっているのです。

さらに、加えるとナッツ類はおやつとしてメインに食べたい食品です。
食事として食べることは殆どないと思いますが、おやつに洋菓子や和菓子を食べているのであれば、ナッツをオヤツ代わりにすると良いでしょう。
ビタミンEを豊富に含み、オメガ3脂肪酸が豊富なアーモンドやくるみなどが良いと言われています。

糖分や加工食品など塩分過多になっている可能性がある場合は、それらをなくすようにしましょう。
そして体に良い食べ物を食事として摂るようにするとお肌の改善が見込めます。

何より3食バランスよく食べる必要がありますから、けして欧米風の食事が悪いとは言えません。
ジャンクフードや加工食品、弁当などはたまに食べるようにして、基本的には自炊した塩分控えめの和食を摂るようにするとお肌のためにも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です